山爺的思考
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
卒展初日
目が覚めたのが8時。

初日ですよ。 卒展。

思えばこの4年間いろいろなことがあった。
そして大して成長しなかった。

11月後半からのオレの卒研の追い込みはすさまじいものがあった。
そしてこの卒展が学生最後のイベントとなる。





モデルの接着面は乾いているだろうか。そんな不安に駆られつつモデルを点検

よし、だいじょぶそうだ。なんとかくっついて。。。





耳取れたどーー!





とりあえず研究室に行き接着剤で接着、10時からなのに設置したのは10時数分過ぎ。

ふう。

研究室に帰り
(なんとかおわったか。)
なんて思いながらタバコの煙をくぐらせる。
なんてダンディなんだ。

そこへ隣の研究室なのにいつもはうちの研究室素通りのボスが屋やってきた。

「やまさん、やまさん」
「え?」




「わりぃ。
 耳が取れた。」







ばかー!





『don't touch!お手を触れぬようお願いします。』

って書いてあんだろうが!

「触るなっていわれると触りたくなっちゃって」

どうしようもない馬鹿。
ボスと言うあだ名なのに全然ダンディじゃない。もはやボスでもなんでもない。


話を聞くと、どうやら、触るなって書いてあるのにヘッドホン(オレのモデル)をマネキンから取り外し自分の頭につけたらしい。

案の定耳から取れとるわ。。。

また、研究室で接着。

その間のオレの設置場所はパネルとマネキンのみという意味の分からない空間と化していました。

ダンディにタバコなんか吸っている場合じゃない。
ダンディな場合じゃないわけです。
耳取れてるんですから。

とりあえず接着してまた飾りに。
明日あさってもってくれるのだろうか。僕のヘッドホン。

このことで思いました。
「さわらないで」
と言われたらオレは絶対触らないようにしよう。
壊れるから

最後に

僕のモデルには絶対に触らないでください。

耳取れるから。
スポンサーサイト
頭いたい
なんか半端なく頭が痛いです。
これからバイトなのに。

いや~しかしモデルが。
時間があまりにも足りません。
モデルの完成度はかなり低くなる。
その前に完成するかどうかすら。。。

いやね。モデルなんて、もはや卒業が決まった今単なる自己満に過ぎないわけてす。

24日から行なわれる卒展にモデルを出す出さないはホントに自己満足の世界。

やらなくったていいんだ。

でも、一応4年間デザイン科に在籍してきて最後のイベントになるわけ。

とりあえずでもやり遂げておきたい気持ちがある。

オレはいままでモデルとかちゃんと作った事ないから、作り方なんて全然わかんない。

どうしたら完成度の高いものになるのか。
どうしたら効率よく作業を進められるのか。
塗装方法はどうしたらいいか。

なんも知らない。

てかサーフェーサーやコンパウンドなんてものがこの世にあることを知ったのが数週間前だからね。

やらなくちゃ。

とりあえず形にしなくちゃ。

頭いてぇ。半端なく。バイトとか言ってる場合じゃねー
ちかれた
疲れた。
現在モデル作り真っ最中。
しっかし卒展までに終わる気がしねーんだよな。
今回ばかりはほんとやバイ

今は木材を切ったりヤスリかけたりしてきたんだけど、腕が疲れて力が入りません。

やっべ。

眠い。

あさっては免許の試験。てかやる事多すぎる。いつになったら暇になるのでしょうか?

あーそういえば最近文字にタグかけてねーな。色とか大きさとか
とにかく疲れた
普通の日記的な?
今日は朝から研究室でパネルのやり直しを。

かっこよくしてやるぜ。限りなく情報を減らし、「卑怯色」とも言われる黒を多様に使う。

なんかカッコいいから英語とか使ってみる。

で8時頃帰宅だ。イオンで久しぶりにケーキバイキング屋ってたから

4個購入

もはやトチ狂ってるとしか思えない。

さすがに4個も食えないし。でも、これもおいしそう、あれもだ。なんてやってたら4個手にとっていました。

まじばか。

しかし卒研が終わったのに未だに忙しい生活は終わらない。
パネルやり直し
モデルづくり

で教習

実際教習はリアルにやばい。予約が取れない。3月中に取れるのだろうか。

ホームページもフラッシュを独学で覚えて作り直したいし。



いやだいやだ。

でも、今日は収穫がありました。
研究室のデスクトップがカッキーの選択で変わっていました。
かわいいかったー
で、フォルダの中身をみてたら、「ごまき」があんがいおっぱい大きかった。かずまは「なんか悔しい」っていってたけどオレは「なんかうれしい」
ジャックと豆の木
ってみんな知ってますよね?

でも詳しい話の流れ知ってますか?

おれよく知らなかったんだ。今日までは。
今日ヘッドホンを取替えに行った後、後輩の金井君とポポラに行った時に読んだんだけど、コレがまたへんてこな話なんだ。



こんな話



昔々ジャックはお母さんと牝牛と仲良く暮らしていました。
親子はその牛が毎朝出すミルクを売って生活していました。
ところが牛がミルクを出さなくなったので仕方なくジャックはこの牛を売りに行く事にしました。

すると変な格好をした爺さんが
「これからどこへ行くのかね」と
声をかけてきました。
「この牛を売りに行くとこさ」
「そうかい、その牛とこの豆を取替えないかい
この豆は植えると朝には天までのびているよ」
ジャックは牛の綱を渡し
豆をポケットに入れました

ジャックが帰るとお母さんが言いました
「牛はいくらで売れたかね」
「この豆と交換したよ。豆をまくと朝になったら天までのびるんだって」

「なんてことだい。ろくでもない豆と牛を交換するなんて。今夜はなにも食べさせないよ。」
そういってお母さんは豆を外へ放り投げました。

朝目が覚めたジャックは驚きました。
前の晩放り投げた豆がおおきな豆のつるになり天までのびているではありませんか。

ジャックはこのつるによじ登り
どんどんどんどん天に向って登って行きました。

天まで登ると長い道が続いています。
その道をどんどん歩くと
とてつもなく大きな家が建っていました。
戸口には大きな女の人が立っていました。
「おはようございます」ジャックは挨拶をして
「すみません朝ごはんを食べさせてくれませんか」
と、頼みました。
「朝ごはんだって?ここをさっさと出ていきな
人食い鬼の主人がお前を食べてしまうよ」
でも、ジャックをかわいそうに思った
おかみさんはジャックを台所に連れて行きパンとミルクを食べさせました。

ジャックがパンを食べていると
ズッシーン ズッシーン足音がし
家中がユサユサゆれだしました。
「大変だ。家の主人が帰ってきたよ」
おかみさんはジャックをかまどの中に
押し込みました

人食い鬼が入ってきました。
恐ろしく大きな男です。

「おい。女房。この臭いは何だ?人間の臭いがするぞ」
「昨日食べた人間の臭いがまだ残っているんでしょう」
おかみさんは言いました。

朝ごはんにあぶった牛を二頭食べた人食い鬼は金貨の入った袋を2つ取り出し数えていましたがそのうちいびきをかき出しました。
ジャックはかまどから這い出し金貨の袋を一つ奪うと豆のつるまで一目散にかけていきました。

ジャックは豆のつるをつたってお母さんのもとへ帰りました。
金貨を見たお母さんは大喜びです。

金貨を使い果たしたのでジャックはまた豆のつるを登り人食い鬼の家に行きましたおかみさんが人食い鬼の家の戸口に立っていました
「お前前に一度来た事のある子だねあの日うちの主人は金貨の袋を一つ無くしたんだよ。」
「そのことで話したいことがあるんです」
おかみさんは話が聞きたくてジャックを家の中に入れ食べ物をくれました。
そこへ人食い鬼の足音が聞こえたのでおかみさんはまたジャックをかまどに隠しました。

あぶった牛を3頭平らげた人食い鬼は
 「おい女房金の卵を産むめん鳥をつれてこい」と言いました。
おかみさんがめん鳥を連れてくると
人食い鬼は「さあ生め!」と命じました。

するとめん鳥は純金の卵をころりと産みました。
やがて人食い鬼はいびきをかいて眠り始めました。
かまどを出たジャックは黄金の卵を産むめん鳥を捕まえ急いで家に帰りました。

しばらくしてジャックはまたつるをつたい天にのぼりました。
おかみさんの目を盗んで鬼の家に入り今度は戸棚に隠れました。
人食い鬼は黄金の竪琴を前にして
「さあ歌え!」一言言いました。
すると黄金の竪琴は美しい音色で歌いました。
人食い鬼はいびきをかいて眠り始めました。

ジャックは黄金の竪琴をつかみ戸口に向って駆け出しました。

だんな様だんな様
竪琴が大きな声で叫んだので
目を覚ました人食い鬼は竪琴を抱えて逃げていくジャックを追いかけました。
ジャックは豆のつるに飛び乗り降りていきました。

下まで降りたジャックは
「おっかさんおっかさん斧を持ってきて」
と叫びました。ジャックはつるからとびおり斧でつるを切りだしました。
豆の木はぷっつりと切れてしまいごっと倒れました。
人食い鬼は地面に落ち死んでしまいました。
ジャックは竪琴を見せ物にしたり
黄金の卵をうり幸せに暮らしましたとさ。








強盗殺人者の


話じゃねーか!!!!




飯まで出してもらって
金貨は盗むわ、金の卵を産む鶏さらうわ、竪琴盗むわ
しまいにゃ鬼殺しちゃったよ!!
しかもわけのわからねーおっさん信用して牛と豆交換してんじゃねー!

こんなもん子供に読ませたら将来は、詐欺に簡単に引っかかる強盗殺人者という訳のわからない人間になってしまいます。

詐欺に引っかかってお金ないから、あれとあれとあれを盗んじゃえ。
ヤベっ!見つかった。殺しちゃえばいいか。えーい。






大問題です。





馬鹿!


この日記を書くために絵本を写真にとって帰って必死に打ち込む俺も馬鹿!
しまった (BlogPet)
昨日、山爺が
カード類ごっそり落としました教科書証学生証銀行のカード類その他ポイントカードなどなど。。。。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「弁慶」が書きました。
上達
最近ひしひしと感じることがある。

上達のするにはどうすべきか

どんな分野に関しても共通していえることであると思う。


大切なことは、




見ること
盗むこと
やってみること



これはものすごく大事だと思う。

素人の大学生なんかは特にそうだ。

とにかくいろいろ見なければならない。
いいものを見る。

そして盗む。真似する。

最初はそれで十分。


卒研でパネルを作るとき、アクシスなどのデザイン系の雑誌を相当見た気がする。


特にグラフィック面で。


フォント。見出し。全体の構成。挿絵。色。



で、少し真似しつつ、組み合わせつつ製作した。
なんかわかんないけど3年生がほめてくれたらしい。

オレは今まで物を「観る」という行為が絶対的に少なかった。まずいよね。そりゃ。
でも最近はちょっと成長できた気がする。

まずは真似だ。
しまった
ブログペットが2週続いてしまった。

いや~あいかわらず卒研ばかり

しかしですね、最近思うんですが、やっぱ必死に何かやるのってすごくいいことだと思うんです。

高校時代オレはラグビーに必死だった。
「こわい」
「いたい」
「くさい」
ラグビーを知らない人からはいい印象を聞かないラグビーもおれにとったら今までやったスポーツの中で一番面白いし、一番燃えるし、なによりいい仲間と過ごせて最高の高校時代だった。充実していた。

大学に入って、なんか充実感なるものを忘れていた気がする。
サークルも楽しいけど、向上意識もなくただ下手糞なベースをただひく。まぁ楽しいけど。

授業も適当にこなす。
「出せばいいんでしょ?」的な。


それが、最近は変わってきている気がする。
卒研が忙しくて毎日卒研卒研。

そりゃつかれるし、イヤにもなるんだけどさ。

研究室で友達と、作業して、
「あぁしたほうがいい」
「これはないよ」
「これいいじゃん」
「どうしたらいいと思う?」

みたいなのはすごくいい。

昨日はだいたいの人がパネルを出したが、みんなそれぞれカッコくて、それが悔しかったり、うらやましかったり、嬉しくもあった。

忙しさの中にそういう人とのつながりや、喜び、楽しみがあることで充実してきている気がする。

刺激を受ける部分もすごいあって、卒研で「FLASH」使ってる人が4人いて、すげーって思った。ちょっとやりたくなった。一緒にいい画像素材さがしたりいいフォント探したり。

しばらく更新していないHPを大幅リニューアルしたくなった。時間が出来たらやろうと思います。

何かいているかわかんないけど、最近充実している気がする。

ラグ部飲み (BlogPet)
きょうは、山爺が話するはずだった。
またきょうは、解散された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「弁慶」が書きました。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。