山爺的思考
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
沖縄まとめ ~love so pure~
どうやら風邪を引きました。
季節の変わり目
沖縄と関東の変わり目
まんまとしてやられた
「馬鹿は風邪を引かない」と言いますのでやはり僕は天才のようです。


沖縄四日目

起きた。

国際通りに少しだけよった。

帰った。

おしまい。



まぁホントにそれだけだ。早い時間の飛行機だったもんで。
しかし帰ってきたときはそれはそれはなんか悲しかった。汚れたコンクリートジャングルです。


いい旅だったな。大学でよくつるんだ学科のツレと旅に出ると言うものはいいもんだ。

この旅で僕らの合言葉が生まれました。
「山」と言ったら「川」見たいに




「やっぱ俺たち!」

と言ったら


「ラッキーボーイズ!」



ホントついてた。ついてついてつきまくっていた。

一日目は道に迷ったおかげで真夜中にボスがサトウキビを(僕たちには見えない)おばちゃんにもらったでしょ。

他にも営業時間相当すぎているのに遺跡の中は入れたでしょ。

三宅が(僕たちにも見える)おじさんにサトウキビもらったでしょ。

パンチラ見たでしょ。

3日目の宿が向こうの手違いで最上階のすごいいい部屋に泊まれたでしょ。

何回か車ぶつけたりすったりしてるけど傷にならずばれてないでしょ。

あげたらきりが無い事も無いけどついていたよ。
そのたび
「やっぱ俺たち」
「ラッキーボーイズ」
なんつってそれはもう妻夫木君もびっくりなほど、ウォーターボーイズさ。ラッキーボーイズさ。

「いやいや、俺たちもうそんな若くねぇ。ボーイズじゃなくてガイズだよ」
「やっぱ俺たち」
「ラッキーガイズ」

とか、もはや意味の分からない、いや意味は分かるのだけれども、どっちでもいい、そんな会話が繰り広げられた旅でした。



あとはアレだ。PUFFY。

車で聞くためのCDをもっていったんだけどお気に入りのPUFFYちゃんが特にボスとはっしーに大好評で、特にハッシーなんか、テンション上がりまくりで歌ってた。

「ローテンションが売りです!」
「自虐ネタも好きです!」
みたいなハッシーがPUFFYを歌うんだよ!
しまいには、知らない曲なはずなのに覚えだした。
「この歌好きだよ」なんつって、


そのお気に入りの曲が
「Love So Pure」

日本訳で

「とても純粋な愛」ですよ!

「ローテンションが売りです!」
「自虐ネタも好きです!」
みたいなハッシーが「とても純粋な愛」を歌うんだよ!

それが何でかわかんないけど俺はうれしいやら面白いやらわけわからんくて

そんなことしてたらテンションもあがっちまうっつうもんでついつい沖縄の人たちにイタズラをしてしまう自分がいて。

部活かなんかで頑張って走っている子供達に

「さぁ!



より速く!



より速く!」




とか、わけのわからんことを車の中から子供達に大声でしゃべりかけたり、shingoさんの先輩みたいに歩行者を見つけては







「ドピーーーッ!」







とか叫んでみたり

ホント最悪この上ないわけですがコレも全て
「ローテンションが売りです!」
「自虐ネタも好きです!」
みたいなハッシーがPUFFYを歌うせいなんだ。

そんなもんだからテンションがおかしくなって
「ドピーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」
とかそれはもう叫びと言うか発狂と言うか、ニュアンス的には発狂に近いものがあるわけだけども。

沖縄の皆さんごめんなさい。
おかげで楽しい卒業旅行になりました。


「どぴーーーーーーーーーーーーっ!」


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。