山爺的思考
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
原付のプロフェッショナル
卒業式を終えこの春という季節はめでたい事が続くもので

今日は免許センターで8時半から9時までに受付を済ませなければなりませんでした。

幕張本郷駅からバスに乗るのはあの時間帯は人が多すぎて偉い事になると言う情報を得ていた僕は軽音のツレであり同郷のnob君から原付を借りておきました。

なんて準備がいいんでしょう。

なんせ僕は原付免許を高校1年の夏に取得して以来無事故無違反。そう。ゴールド免許所持者なのです。
原付のプロフェッショナルともいえる僕はやはり下準備を怠らず、万全の体制。

前日の夜に原付を借り、家では朝まで試験勉強。
「勉強しなくても受かる」
そんな甘い話には乗りません。
念には念を。
転ばぬ先の杖。
エロビデオと片耳イヤホン。

とにかく慎重に。
万が一落ちては困る。
時間も無いし。
お金ももったいない。
男にしか分からない下ネタを出すほどの慎重さ。

なんせ僕は原付のプロフェッショナル。ゴールド免許保持者なのだから。

朝、8時15分。
用意すべき書類も持った。

原付に鍵をさし
キックでエンジンをかける。



キックでエンジンをかける。



え~と、キックでエンジンをかける。



だから、キックでエンジンをかける。



もーー!キックでエンジンをかける!



エンジンかからねーじゃねーか!!!!!!!!


nob君の原付は調子が悪くセルではかからないためキックでエンジンをかけるのだがコレがまたいくらけってもかからない。

たまに原付を推してみたけどやっぱりダメ。

ひたすらキックを続ける俺。

コレでもかと。今畜生。たまに通行人が哀れな目で僕をみる。

薄ら笑いを浮かべたパキスタン人見たいな日本人マジ呪う。
あのやろう俺が必死にキックやってる俺をみて薄ら笑いを浮かべやがった。

他の奴は少し距離を置いてみて見ぬふりだったが、パキはわざわざ俺の近くを通って、俺の額の汗、あがった呼吸、それら全てを見て「ふっ。何をやってるんだ、このジャパニーズボーイ。まったくイエローモンキーは低脳で困る。」
みたいな笑顔を浮かべやがった。

ふぁっきんパキスタン!

nobに電話でコツを聞くが特に無いと言う。

時間が無い!しかし俺なら出来る。俺は、俺は、原付のプロフェッショナル、ゴールド免許保持者、山爺様だぞーーー!!

すこし髪の毛が逆立ち金色に輝きだしスーパー栽培マンになりそうなところで8時45分。



the end



あんなに頑張ってきたのに、nozに免許追い越されるわ。
原付借りた意味無いわ。
徹夜の勉強意味無いわ。
額の汗とあがりきった脈拍はどうしたらいいのか。


免許取得のよき日になるはずが、朝っぱらから無駄に体力を消耗しパキスタンに馬鹿にされた日でした。


原付のプロフェッショナルなのに。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。